ヒマをみつけてWeb開発
その場の思い付きを、ヒマをみつけてWebサイトにしてみるブログ

FlexのHTTPアクセスで「#2032: ストリームエラー」が出てハマる

Tuesday, 27 January 2009 16:48 by sabro

クリエモンでは、FlexのHTTPServiceタグを使って、FlashからHTTP通信してたんだけど、なんかIE6でうまく動いてないことに気づいた。以下のようなエラーが出る。

[RPC Fault faultString="HTTP request error" faultCode="Server.Error.Request" faultDetail="Error: [IOErrorEvent type="ioError" bubbles=false cancelable=false eventPhase=2 text="Error #2032: ストリームエラー。 URL: http://www.creamon.net/hoge/fuga"]. URL: /hoge/fuga"] 
at mx.rpc::AbstractInvoker/http://www.adobe.com/2006/flex/mx/internal::faultHandler() 
at mx.rpc::Responder/fault() 
at mx.rpc::AsyncRequest/fault() 
at private::DirectHTTPMessageResponder/errorHandler() 
at flash.events::EventDispatcher/flash.events:EventDispatcher::dispatchEventFunction() 
at flash.events::EventDispatcher/dispatchEvent() 
at flash.net::URLLoader/flash.net:URLLoader::redirectEvent() 
at [io]

ちょっと調べてみたところ、Error #2032: Stream Error.っていうエントリにかなり詳しく書いてあったんだけど、エントリの内容全て試しても直らなかった。

で、色々あーだこーだやった結果、悪かったのは、mod_deflateの圧縮通信だったと判明。エントリのコメントを後から検索してみたら、そのことも書いてあった・・・orz とりあえず、Flashが通信するURLだけgzipかけないようにして対応しといた。

Tags:   , ,
Categories:   Flash
Actions:   Permalink | Comments (39) | Comment RSSRSS comment feed

CentOS 5 がリリースされてた

Thursday, 19 April 2007 16:25 by sabro

自宅サーバ に使用している、OS の最新バージョンである、CentOS 5 がリリースされていました。

個人的には、Apache が、2.2系になったことと、MySQL が、5.0系になったことがウレシイです。

mod_proxy_ajp で、やっと、mod_jk のメンドくさいコンパイル作業から、開放されますね。

Tags:   , ,
Categories:   Linux
Actions:   Permalink | Comments (45) | Comment RSSRSS comment feed

Tomcatでサブドメインを使う

Thursday, 21 September 2006 16:01 by sabro

昨日のPing送信の件ですが、数件失敗していたサイトがあったものの大多数のサイトにPingを送れたようです。とりあえず一安心(^^)。

このブログの本懐であるところのWeb開発は、使用する言語を迷っている段階なので、今日はこのブログを構築する際にハマッたTomcatでサブドメインを使う方法について書いてみようと思います。

まず、ブログ構築時に私がやりたかったことは「サブディレクトリでなく、サブドメインでアクセスしたい」でした。

ドメイン名 : webkai.net
プロジェクト名 : blog
とすると、こんな感じです。

http://webkai.net/blog または http://www.webkai.net/blog
   ↓
http://blog.webkai.net こちらの方がいい

で、私の試行錯誤の過程

  1. Apacheとの連携は必須だがmod_jkを使用して以下のように書くと、Tomcatのwebapps以下のディレクトリ名をURLで指定しなければならない。
    httpd.conf  JkMount /* ajp13 ← ajp13ワーカへ処理を渡すURL  
    http://www.webkai.net/blog
  2. mod_jkが無理そうだから、Apacheのリバースプロキシを使おう
    ProxyPass / http://localhost:8080/blog/
    ProxyPassReverse / http://localhost:8080/blog/
  3. ダメだ、PebbleのHTMLに「/blog/themes/custom/theme.css」みたいなサブディレクトリを含んだリンクが出力されてしまう。強引だがプロキシの設定を追加しよう。
    ProxyPass / http://localhost:8080/blog/
    ProxyPassReverse / http://localhost:8080/blog/
    ProxyPass /blog/ http://localhost:8080/blog/
    ProxyPassReverse /blog/ http://localhost:8080/blog/
  4. ダメだ、Cookieのパスが/blogになってる。一度ここで冷静になる。
  5. そもそもTomcat側が、サブディレクトリでのアクセスになっているから整合性が崩れるんだ。Tomcatのドキュメントルートにプロジェクトを置く方法はないのか?
  6. あった。Server.xmlのHostタグ。これでTomcat側でVirtualhostっぽい構成がとれるみたいだ。
    <Server port="8005" shutdown="SHUTDOWN" debug="0">
      <Service name="Catalina">
        <Engine name="Catalina" defaultHost="localhost" debug="0">
          <Host name="localhost" debug="0" appBase="webapps" ← デフォルトのwebapps用Host       unpackWARs="true" autoDeploy="true"       xmlValidation="false" xmlNamespaceAware="false">
          <Host name="blog.webkai.net" debug="0" appBase="blog" ← Pebble用に追加したHost       xmlValidation="false" xmlNamespaceAware="false">
          </Host>
        </Engine>
      </Service>
    </Server>
    これで、webappsと同じ階層にblogディレクトリを作って、その中にROOTというディレクトリを作ればそこがblog.webkai.netのルートになるのか。ふむふむ。
  7. Apacheから新しく作ったHostへ接続する方法が良く分からないけど、とりあえず同名のVirtualhostをApache側へも作ってみよう。
    <VirtualHost *:80>
        ServerName blog.webkai.net
        JkMount /* ajp13
    </VirtualHost>
    お、動いた。

という感じです。私はこのやり方を初めて知ったのですが、みんな当たり前のようにやっているんでしょうか。

2006/09/22 リバースプロキシのURLが間違っていたため修正。

Tags:   , , ,
Categories:   tomcat
Actions:   Permalink | Comments (59) | Comment RSSRSS comment feed

Apacheヘルプサイトをまとめて印刷

Tuesday, 19 September 2006 16:23 by sabro

Webサイトを作る前に、いまいち理解しきれてないApacheについて勉強することにしました。

Apache本家のヘルプサイトが良くまとまっていたので、通勤電車で読むために全ページ印刷しようとしたところ、ページが細かく分かれていて手動での印刷が大変だと発覚し、ここで一時断念。うまいやり方はないかと検索してみるとAdobe AcrobatでWebサイトをまとめて印刷出来るようなのですが、このためだけに数万円払いたくない・・・。

もう少し、もがいてみたところ以下のサイトでApacheのHTMLヘルプをゲットする方法を発見しました。

川o・-・)<2nd life - Apache のドキュメントを htmlhelp で

HTMLヘルプからならまとめて印刷ができそうな気がしたので、上記サイトの手順に従ってヘルプファイルを作成。ヘルプツリーの12個のルート部分からサブトピックをまとめて印刷できることが分かりました。

印刷プレビューがなかったので、PDFCreatorで一度PDF化するという小技を駆使しつつ、無事ドキュメントの印刷が完了。

ちなみにApacheモジュールのヘルプツリーは258ページになり、ここの印刷は諦めました。

Tags:   ,
Categories:   Tips
Actions:   Permalink | Comments (95) | Comment RSSRSS comment feed