ヒマをみつけてWeb開発
その場の思い付きを、ヒマをみつけてWebサイトにしてみるブログ

Mercurialでサーバにクローンを作る

Sunday, 13 July 2008 02:22 by sabro

Mercurialっていう分散リポジトリシステムを使ってみました。

Mercurialは、Subversionみたいなバージョン管理システムなのですが、リポジトリを1カ所に置くのではなくて、開発する各マシンに分散して置かれることが特徴です。

TortoiseHgっていう、Windowsのエクスプローラ一体型のGUIクライアントを使用したので、構築はかなり楽勝でした。楽勝なので特に書くこともありませんが、1つハマッたことがあったので書いときます。

リポジトリは、まずWindows上に構築したんだけど、他のマシンと同期をとったりする際に、マスタリポジトリが必要かなと思って、Linux上にクローンを作ることにしました。でも、クローンするにはLinuxからWindowsのリポジトリを参照しなければいけないのに、いちいちWindows上にWebサーバをインストールしたりするのも面倒だし、SSHサーバをWindowsに入れるのもセキュリティとかの問題でキビシイ。

ところがTortoiseHgには、なんとWebサーバが付いてました。フォルダ右クリック → TortoiseHg → Web Serverとたどると、Webサーバ起動コンソールが開き、Startボタンを押して、Windowsファイアウォールのブロックを解除するだけで、Webサーバの起動完了です\(^o^)/

Linux側から、おそるおそる以下のようなコマンドを打ち込むと無事クローン出来ました(^^)

hg clone http://Windowsホスト:ポート/TestProject TestProject

とりあえず環境を構築するところまでいけてよかった。あとは、追々やっていこうと思います。

これからは、やっぱり分散リポジトリ!!さあ使い込むぞーといきたいところですが、普段1人で開発してるのであんまり意味ないかなーというのが正直なところです orz

Tags:  
Categories:   Tool
Actions:   Permalink | Comments (48) | Comment RSSRSS comment feed